ぐんぐんバスケ

へたくそなやつが意外と有益なこと言うバスケの話

【朗報】別に速くなくてもバスケはできるのではないだろうか

どうも、upです。

このブログは、凡人が「好き」だけでどこまでいけるのか

とことんバスケと向き合うブログです

今日は「ズレ」の話です。

f:id:tuketaku:20200201160255j:image

 

朗報です。

あらゆるスポーツにおいて、「速い」ことは価値が高く、「才能がある」という呼ばれ方をします。

ですが、「速い」人ばかりがいるスポーツ界ではありません。

 

「この人、全然速くないのに、なんかうまいよな」

 

そんな選手を見たことはありませんか?

そう、実際には「速くない」人でもディフェンスを抜いたり、点を取ったりできる方法があるのです。

 

私は「速くない」側の人間です。

小学生の頃は、100mを24秒くらいで走る強者です。

そんな私でも、相手をドライブで抜ける時もあります。

 

なぜ、抜けるのかというと

 

相手との“ズレ”を作っているからなんです。

 

 

ズレの正体は、ヘジテーション

ヘジテーションとは、私がよく参考にしているriseas basketballさんのブログから拝借させていただくと、

 

“ヘジテーションムーブはドリブルを止めずに一瞬止まるようなそぶりを見せることでディフェンスも一瞬止まり、そこからシュート、シュートフェイク、ドライブ、パスをすることでディフェンスの反応が一瞬送れます。ストップ&ゴーのようなものですがさらにその後の選択肢のバリエーションがあるのが特徴です。”

https://riseas-basketball.com/hesitation-move/より

(こちらには動画も掲載されていますので、ぜひ参考にしてください。)

 

これがズレの正体です。

 

オフェンスとディフェンスが同時に動く場合、速い方が勝つのは当然の話です。

“速くない”人が、自分よりも速い人に勝つためには、“先に動く”必要があります。

 

 

ディフェンスはどう思うか

ディフェンスより先に動くためにはどうすればいいか

言い換えれば、ディフェンスが止まる瞬間とはどんな時か

 

ここで一旦ディフェンスの立場になって考えてみましょう

 

ディフェンスをしていて「守りづらい」と思うのは、どんな時ですか?

私が思うに「選択肢が多い」時が1番守りづらいです。

 

選択肢が多い時というのは、シュート、パス、ドリブルなど相手が何をするのか

わからない状態の時です。

 

ヘジテーションをすることによって、意図的に「選択肢が多い」状態を作ることができます。

ドリブルしている時は、ディフェンスは「ドリブルに対応する」ことを考えています。

ここでヘジテーションをすることによってディフェンスが

 

「ドライブか、パスか、シュートか」

 

と、一瞬にして「選択肢が多い」状態になります。

ここでディフェンスの動きが一瞬止まることになります。

 

 

いかに相手に考えさせるか

ヘジテーションは、”速くない“人にとって必須のテクニックだと言えます。

一瞬でも相手を止めることによって、自分の優位な態勢に持っていくことができれば

シュートにいけたり、ドライブできたり、パスが出せたりと新たな可能性が

生まれてくると思います。

 

いかに相手に考えさせ、迷わせるか

 

を意識してあとは練習あるのみです。

ただ、あまり持ちすぎていると、チームのテンポもあると思いますので、ほどほどに

 

【今日から使える】オフェンスにドリブルは必要か

どうも、upです。

このブログは、凡人が「好き」だけでどこまでいけるのか

とことんバスケと向き合うブログです

今日は「オフェンス」の話です。

f:id:tuketaku:20200112185023j:image

 

正直にいいます。

 

私は、ドリブルがうまくありません。

ドリブルでディフェンスを翻弄したことなんてありませんし、

プレッシャーディフェンスをやられた日には、もう…

って感じです。

 

最近、ストリートバスケという3対3形式も流行っていますが、

人数が少ない分ドリブルは必須ですし、

あれこそ私みたいな人は、全く役に立たないと思います。

 

どれくらいへたくそなの?

と言いますと、おそらく中学生レベルなのではないでしょうか

冗談抜きで。

今の子たちって、私の時代と違ってすごくうまいですからね笑

 

ドリブルがへたかそうでないかの判断基準ですが、

 

‘‘自分の体とボールが一体の動きをしているかどうか’’

 

だと思います。

そうした場合、私のドリブルは、ボールがあまり言うことを聞いてくれず、

一体となっているとは言えない状況です。(=へたくそ)

 

クレイ・トンプソンという素晴らしいシューター

 

NBAが好きな方は、一度は聞いたことある名前だと思います。

ゴールデンステイト・ウォーリアーズ(GSW)に所属のクレイ・トンプソンは、

今シーズンこそ前十字靭帯の怪我の影響で出場していませんが、

皆が注目する素晴らしいシューターです。

 

そんな彼の特徴的なシーンをまとめた面白い動画がアップされていました。

(@SportsCenterより)

 

いかがでしょうか。

そう、ボールを持っていない状況(オフボール)での動きが

うまければ、こんなにも点が取れるんです。

 

実際、試合中にボールを持っている時間と持っていない時間では、

持っていない時間の方が長いことは明らかです。

 

仮に、コート上の10人が同じ時間ボールを持つとしたら、

40分÷10人=4分です。

つまり、残りの36分はボールを持っていないことになります。

さらに、交代もありますし、ガードやエースが長くボールを持つ

でしょうから、4分以下になりますよね

 

究極を言えば、ドリブルなんて必要ない

 

言ってしまえば、ドリブルせずとも点は取れます。

言い換えると、ドリブルがへたくそでも点は取れます。

 

ドリブルが上手いに越したことはありませんが、

ドリブルよりも大事なのは、

 

ボールを持っていない時の動きです。

 

いかに自分がフリーになるか

いかに味方をフリーさせられるか

を考えることが大事です。

 

それゃドリブルできた方がかっこいいですよ

でも、それより動きまくって動きまくって

シュートめちゃくちゃ入る奴の方が

かっこいいと思います。

 

【バスケ】捨てるという考え方。あれこれよりもこれだけという感覚

どうも、upです。

このブログは、凡人が「好き」だけでどこまでいけるのか

とことんバスケと向き合うブログです

今日は「マインド」の話です。

f:id:tuketaku:20191230143807j:image

 

キャッチミスは誰もが一度はやったことのあるミスです。

キャッチミスはどうしたら防げるのか

考えてみたいと思います。

 

名将の言葉

 

外部コーチをさせていただいていた時に、

常勝チームと練習試合をする機会がありました。

 

チームを強くするためにどんな指導をしているのか

名将の行動・言動は、コーチ初心者の私にとっては、

大変勉強になりました。

 

その中でも1番記憶に残っているのは、

 

「捨てる」という言葉です。

 

敵が1人、味方が2人のアウトナンバーの状態で

あとはウイングのどちらかがレイアップすれば点が取れるシチュエーション

その時、パスが出された選手がキャッチミスをしました

 

名将がこう言いました。

「捨てないからミスするんだよ」

 

捨てるとは?

私はすぐに理解できませんでした。

 

 

キャッチすることが最初

 

すごく当たり前なことを話しますが

自分がボールを持って何かをするとき

最初にすることは、なんだと思いますか?

 

人からボールを「キャッチ」すること

 

ですよね?

キャッチしなければ何も始まりません

 

キャッチ→シュート

キャッチ→パス

キャッチ→ドリブル

 

キャッチして初めて次の動きができるわけです。

次の動きに意識がいきすぎて、キャッチすることを軽視してしまいます。

 

原因のひとつとしては、

単純にキャッチすることを甘くみている

ということが挙げられます。

 

 

キャッチして当然

 

ボールを掴むことに対して疑いがない状態

つまり、キャッチすることに対して

 

意識がない状態

 

意識がない状態とは、まったく何も考えていない状態

ということではありません。

 

キャッチした後に「何をするのか」を考えている状態

 

のことを指します。

キャッチすることは次の動作への準備であることから

自然に次の行動を考えてしまいがちです。

 

キャッチすること以外のことを考えているということは、

キャッチに対して100%以下の意識をしているということです。

それは、100%キャッチすることに意識している人よりは、

ミスする確率が低くなります。

 

 

捨てるということ

 

人は多くのことを一度にはできません。

あれもしなきゃ、これもしなきゃと考えるよりは、

これをやろう。と考えた方が集中できるものです。

 

理想としては、ひとつひとつの動きを丁寧にやること

ですが、

「捨てる」という意識で目の前の動作に集中することが

結果的にひとつひとつの動きが丁寧になるのではないでしょうか

 

 

 

 

 

 

【答え】見てない奴にパスは通る〜これで君もアシスト王〜

どうも、upです。

このブログは、凡人が「好き」だけでどこまでいけるのか

とことんバスケと向き合うブログです

今日は「パス」について書きたいと思います。

f:id:tuketaku:20191124161102j:image

パスを出すときの条件は、ざっくり言うと

①味方と意思疎通がなされていること

②敵に取られないこと

このふたつです。

 

②の解釈の仕方を変えることで、

パスセンスがぐんと伸びること間違いなしです!

 

敵に取られないということ

 

具体的に言えば、

パスを出す相手とそのマークマンが

離れていることが挙げれられます。

 

多く場合は、これです。

パスがマークマンよりも味方に早く届けば

パスが通ります。

 

逆に、敵に取られるということは、

どういう状態か

 

物理的に人間の動きが

パススピードを上回ることは

絶対にありえません。

 

では、なぜカットされるのでしょうか

 

それは、先のほどの説明した言葉を使えば、

人間がパススピードを上回る能力を身につけて

スーパーサイヤ人になった

わけではなく、

 

パスが「見られていた」

 

ということです。

 

 

見てない奴にパスは通る

 

っていう話です。

理由は、見えないパスなんてカットできるわけないからです。

 

自分の後ろからパスが出された時に、

そのパスが自分の右側にくるか、

左側にくるか、上側にくるか、下側にくるか

わかるはずないですよね?

 

当然といえば当然ですが、

これを理解しているかそうでないかで

パスの選択肢が変わります。

 

なにが言いたいかというと、

たとえ味方とマークマンの距離がすごく近くても

マークマンが見ていなければ

 

パスは通る

 

ということです。

 

ディフェンスの目線

「マークマンがぴったりくっついてパスなんてだせないよ」

って私も若い頃は思ってました。

 

でも、マークマンは味方の近くにいるだけで、

 

ボールをずっと見ているわけじゃない

 

実際、ディフェンスは見るべきところがたくさんあります。

 

①マークマン

②ボールマン

③スクリーナー

④味方の位置

 

ざっと出しただけでも4つもあります。

どれかに注目すれば、他の部分が

疎かになります。

 

つまり、ディフェンスは、

 

ずっとボールを見ていない

というか、見ることができない

と言った方が正しいかもしれません。

 

以上のことからも、味方とマークマンの距離が近くても

マークマンがパスを見ていない瞬間がいくつもあると言えます。

 

厄介な奴

同じチームではないですが、一緒に練習している方で

ものすごいパスが上手い方がいます。

その人は完全にマークマンが「見ていない」ところを

狙ってきます

非常に厄介な奴です笑

 

バンバンシュートを打ってくる人より

こういうパスが出せる人の方が

敵としては嫌ですね

バスケのディフェンスは、「相手より先に動いたら負け」という真実

どうも、upです。

このブログは、凡人が「好き」だけでどこまでいけるのか

とことんバスケと向き合うブログです

今日は「ディフェンス(動き)」について書きたいと思います。

 

オフェンスは、センスが必要だが、ディフェンスは努力で追いつく

これは、私の持論です。

凡人が磨くべきことは、ディフェンスであると思います。

f:id:tuketaku:20191117160515j:image

なぜ、ディフェンスなのか

ディフェンスは、経験則で磨かれるからです。

その中でも一番重要なのは、

 

「先に動いたら負け」

 

これです。

 

今日はこれだけ覚えていただければ十分です。

 

オフェンスの心情

オフェンスとしては、ディフェンスがいない方に抜いてきます。

当然のことです。

では、ディフェンスが正面にいる場合は、どうでしょうか。

(今回は、ディレクション(方向づけ)の話は省きます。)

 

自分の得意な方に抜く

 

じゃないですかね。

バスケは、一瞬一瞬で判断をしなければなりません。

その短い時間で考えるとすれば、

 

ディフェンスがいない方 or 自分の得意な方

 

の2択しかありません。

 

あえて方向を決めさせる

先に動いて相手を意図的に動かす

ということもできないわけでもないですが

それは、同時に相手もわざと罠にかかるフリをしている

可能性もありますよね

 

裏をかいたつもりが、裏の裏をかかれるかもしれない

でも素直にひっかかってるのかもしれない

 

それを考えるのってめんどくさくないですか?

ましてや体力がだいぶ削れている後半に

そんな複雑に考えられるでしょうか

 

相手が動いたら、自分も動く

当たり前かもしれませんが、意外とできない行為です。

 

人は、楽をしたがる生き物です。

あまり考えたくない。

 

なんとなく右に抜いてくるだろうと

無意識に自分で答えを出し、体を動かしてしまう

毎回その行動が外れればいいのですが、

何回かに1回は、運良くナイスディフェンスになってしまう

 

だからダメなんです。

運を実力と勘違いしないでください。

 

ここで、重大なことをお伝えしましょう

 

オフェンスがどちらに抜くかは、本人しかわからない

 

ということです。

 

そんなこと当たり前じゃないか

 

ですよね。

 

つまりは、

 

ディフェンスには、わからない。

 

ということです。

何が言いたいかというと、

 

予測するな

 

ということです。

 

オフェンスの動きを読み、先回りすることが

いいディフェンスなのではありません。

 

ゴールを決めさせないのが、いいディフェンスなのです。

 

ここを知っているか知らないか、大きな分岐点だと

私は思います。

 

 

【抜かれない】相手の目はどこを見ているか(バスケ ディフェンス編)

どうも、upです。

このブログは、凡人が「好き」だけでどこまでいけるのか

とことんバスケと向き合うブログです

今日は「ディフェンス(目線)」について書きたいと思います。

f:id:tuketaku:20191104183616j:image

みなさんさんはディフェンスをする時、

相手のどこを見ていますか?

足?腰?ボール?

 

私はいつも相手の「目」を見ています。

 

昔は足を見ていましたが、目を見ることに変えたことにより

断然ディフェンスがしやすくなりました。

その理由を説明していきたいと思います。

 

1 Mr.パサー

私は中学時代、全然点数を取ることができませんでした。

多くの出場時間をいただいたのにもかかわらず、

1点も取ることができない試合の方が多かったです。

 

点数をとっていないということは、試合の勝敗に関係が

なかったといっても過言ではありません。

特段ディフェンスがうまかったわけでもないですから、

もはや単なる数合わせにしかすぎません。

 

今思い返せば、ずっとパスをする相手を探していたように思います。

 

「ゴールを見る」

 

ということをしていませんでした。

 

 

2 ディフェンスを頑張る

ディフェンスを頑張るとは、具体的に何をすることでしょうか

 

マークマンに対してぴったりと張り付くこと?

味方のカバーをいつでもできるようにすること?

マイボールになるまでしっかりと守り続けること?

 

言ってしまえば、全部のことを指すのでしょうが

一番大事なのは、

 

点を取らせないこと

 

だと私は思っています。

 

点を取らせないためにどうすればいいのか

それは、

 

点数を取るやつがシュートするのを防ぐ

 

ことが必要です。

つまり、中学時代の私は、極端な話をすれば

守る必要のない存在です。

 

 

3 常に頑張る必要はない

これは、大人な考え方になってしまうかもしれませんが、

 

頑張らないところを作る

 

という考え方が必要だと思います。

大人は、あまり頑張らないでいると、頑張り方を忘れてしまいますが笑

 

常に100%を出力できるわけではありません。

ここぞという時に、高いパフォーマンスをする人が上手い人です。

 

なので、頑張らないところを作る、もっと言えば、「必要ないところを捨てる」

という考え方を持つべきです。

 

 

4 相手の目はどこを見ているのか

では、いつ頑張らないでいいのか

それは、相手がゴールを狙っていない時です。

 

相手がゴールを狙っていない時はいつなのか

それは、相手がゴールを見ていない時です。

 

つまり、相手の目を見ることが重要です。

 

ゴールを狙っていない人にぴったりつく必要なんてありません。

だって、その人は点を取らないんだから

そこに自分の体力を使う方がもったいないです。

また、ゴールを見ないでシュートを打ってくるやつなんていません。

だから、そんの人を頑張って守る必要はないのです。

 

 

ディフェンスはつまらないと感じている人が多いとは思いますが、

相手を抑えるを楽しみを知ればもっともっとバスケがうまくなると

私は思っています。

 

【最弱先輩が語る】負け癖はそうそう治らない、でも進むしか道はない

どうも、upです。

このブログは、凡人が「好き」だけでどこまでいけるのか

とことんバスケと向き合うブログです

今日は「負け癖」について書きたいと思います。

f:id:tuketaku:20191102165900j:image

負け癖はそうそう治らない

 

スポーツの世界は実力主義です。うまいやつが強い。歳や経験なんて関係ありません。

そこがスポーツのいいところだと私は思います。

 

弱い奴はずっと弱いまま

 

果たして、本当にそうなのでしょうか。

 

1、最弱の中学時代

中学時代は地区で最弱でした。大会はいつも1回戦負けでした。

負ける悔しさなんて感じたこともありませんでした。

だって負けたことしかないですから笑

 

試合に負けることよりも嫌だったことがひとつあります。それは、

 

バカにされること

 

です。試合中にあざ笑うような目で見らたことを今でも覚えています。

自意識過剰だったのかもしれませんが、

プレイするたびに笑われているような気がして

全然バスケが楽しくありませんでした。

 

2、ボールが運べないPG

私は、カマドウマという虫がこの世で一番苦手です。

そこそこのサイズがあり、ずば抜けた跳躍力。

この世のものとは思えません。

それと同じくらい苦手なのが、オールコートマンツーです。

 

何度も何度もボールを取られました。

PG(ポイントガード)なのに全くボールを運べませんでした。

 

今でもボール運びはドキドキします。

過去の記憶は消えないものですね。

 

3、恥をかきたくないただそれだけ

今思えば、ただ恥をかきたくなかったのだと思います。

かっこ悪い自分が嫌だったんだと思います。

 

いつから誰かにかっこつけるために

バスケを始めたのでしょうか

 

「好き」という気持ちをいつのまにか

忘れてしまっていました。

 

4、人は本当に忘れるいきものなのか

嫌だった記憶って、ふとした時にぶり返しませんか?

頭では克服したとしても体が覚えている

そんな経験ありませんか

 

負け癖はそうそう治らない

 

治らないなら仕方がありません。

受け入れるしかありません。

 

弱い自分を。